深部体温を下げてスーッと眠る

寝つきを良くするためには、深部体温(カラダの中心部や内臓の体温)を下げる必要があります。

カラダの表面の体温と深部体温は相反するようになっていて、表面の体温が上がると深部体温が下がってきます。

子供が眠くなると手が温かくなるのもそのためです。

逆に、冷え性の人は深部体温のコントロールが上手くいかず、深部体温が高いままなのでなかなか寝付けないということがおこります。

 

深部体温を下げるためには、ぬるめのお風呂にゆっくりつかるのがおすすめです。できるだけ、寝ようと思う時間の2時間前くらいにはお風呂に入っておくと、上がった体温が徐々に下がって、すんなり寝つけるようになります。

真夏の今の季節、汗をかくのが嫌でシャワーだけで済ませていませんか?この時期もぜひ湯舟につかってみてください。お風呂からあがってすぐは汗が出ますが、その後スーッと体温が下がって自然に眠くなります。

 

私も長年、この「湯舟につかる」ことはずっと続けていて、寝入ることに関しては悩んだことがありません。寝るためのルーティーンになっているんでしょうね。

課題は起きること。気持ちいい目覚めを常に模索中です。

**********************************************************
岡山県真庭市 ねむりを考える寝具専門店 ふとんのとみなが
〒719-3202
岡山県真庭市中島408 富永ふとん店
(ゆめタウンイズミ久世店前)
TEL:0867-42-0322(←お問い合わせはこちらまで)
9:30~19:00
定休日:第二、第四水曜日(祝日の場合は営業いたします)

ホームページhttp://www.nekoronta.co.jp/

お得な情報配信しています↓↓↓
友だち追加
**********************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です